創エネ

太陽光発電は近年人気があります。
新築の一戸建てを建てる方は皆さん検討されていることと思います。
一番身近で取り入れやすい創エネです。
太陽光発電を取り入れるのは、ソーラーパネル、燃料電池が必要になると思います。
太陽光発電しても、電気はそのときに使わないと無くなってしまうので、電池のようにある程度ためておける燃料電池が必要になるのです。
その他に、今どのくらい太陽から電気が作られて、家庭内で今どのくらいの電気を使用しているのかを目で見て分かるシステムを家に取り付けることで、住んでいる人たちの意識も変わってくることでしょう。
晴れの日、曇りの日、雨の日と天候の変化でも太陽の力が異なり、作り出される電気の量も変わってきます。
季節も変われば、使う電気機器も異なるわけで、電気の使用量も変化してくると思います。
創エネだけでは省エネにはならないので、創エネをする際には、住みよい環境づくりを一緒に見直す必要があると思います。
ここで住みよい環境とは、窓から窓へ空気が流れる道筋があることや外の明かりを十分取り入れられる窓があること、家の周りに自然の緑を置くことで急激な暑さなどを少しでも和らげることができるなどがあります。
この他にも、昔ながらの住まいの知恵があるかとは思いますが、その先人の知恵をうまく取り入れ、太陽光発電をプラスし、創エネを実現することで、省エネに近づくと思います。
今後、電気自動車もどんどん進化していくことでしょう。
ガソリンではなく太陽の力で車が走ることになるかもしれません。